看護師向け

看護師必見!30代から訪問看護ステーションに転職するメリット!

この記事は、30代で訪問看護ステーションに転職を考えている看護師のあなたに向けて書いています。

30代は、結婚や出産など様々なプライベートの変化がある年でしょう。

また、経験年数が10年経った事を機に、新しい分野に挑戦したくなる年代かもしれません。

実際、私は訪問看護ステーションで人事をしていますが、面接にくる看護師の半数以上は30代です。

 

「新しい分野に挑戦したくなりました」

「夜勤がない訪問看護に興味を持ちました」

「これからも長く勤められる職場を探しています」

 

30代から訪問看護ステーションに転職することで、プライベートを充実させたり、新しい発見ができたり、給料がアップできたり、様々な変化をもたらすことができます

 

この記事の結論!

・30代で訪問看護に転職するメリットはたくさんある!

・自分が成長できる訪問看護ステーションを選ぼう!

・30代の看護師に強い転職サイトを利用すれば1回の転職で理想の職場にたどり着ける!

・30代の看護師にオススメの転職サイトは「ジョブメドレー(看護師)」!

 

30代で転職をするメリットから訪問看護ステーションの選び方まで紹介しているので、興味がある方はぜひ最後まで読んでみてください!

 

 

看護師が30代から訪問看護ステーションに転職するメリット

まず、30代の看護師が訪問看護ステーションに転職をすることで得られるメリットを挙げます。

様々なメリットがありますが、大きく以下の3つに分けることができます。

  • 新しい分野に挑戦できる
  • プライベートを充実させることができる
  • 看護業務以外のことを学ぶことができる

新しい分野に挑戦できる

大学・専門学校を卒業してストレートに看護師になった方なら、30代は経験年数が10年前後になるかと思います。

今まで新卒で入った病院や施設でずっと働いてきたという方も多いでしょう。

看護師にとって、経験年数10年という節目は、何か違う分野に挑戦したくなる年でもあります。

病院で入院していた患者さん、施設に入所していた利用者さんが、在宅に帰ったらどういう生活をしているんだろう?と興味を持った方は、ぜひ訪問看護ステーションへの転職をオススメします。

 

10年前後という長い看護人生の中で、マンネリ化とまではいかないものの、刺激が足りないと感じている方も、訪問看護では新たな発見や気づきを得られます。

 

「病院ではこういう対応がセオリーだったのに訪問では通用しない!」

「こんなに状態が悪いのに在宅で生活できるのね」

「家で看取ることってこんなに素晴らしいことだったんだ」

あなたの看護観に新たな風を吹き込んでくれることでしょう。

 

プライベートを充実させることができる

病院では夜勤、残業、休日出勤など、何かとプライベートを犠牲にする事が多くありましたよね。

その点、訪問看護は病院や施設ほどの拘束はありません

夜勤や休日出勤はほとんどなく、しっかりとプライベートの時間を作る事ができます。

実際に、パートナーや子供がいる多くの30代看護師が、将来を見越して訪問看護ステーションに転職しています。

 

しかし、訪問看護でも「オンコール」や休日出勤を認めているステーションはあります

それでも病院ほどの頻度ではありませんが、完全にプライベートを確保したいという方は、「緊急事訪問看護加算」を算定していない訪問看護ステーション、休日出勤なしの訪問看護ステーションを選ぶ事をオススメします(参考記事:【転職希望者必見】訪問看護ステーションの選び方!【21のチェックポイント】)。

あわせて読む
【転職希望者必見】訪問看護ステーションの選び方!【21のチェックポイント】

続きを見る

 

看護業務以外のことを学ぶことができる

今まで、看護業務のことにすべてを費やしてきたと思います。

しかし、30代になると、ある程度の看護業務を知ってくるため、他の知識を習得したくなる人も多いのではないでしょうか。

その点、訪問看護ステーションは営利法人で運営しているところが多く、病院ほどの堅苦しさがありません。

 

介護食に興味を持っているなら資格取得のために応援するよ!」

「後輩指導の技術を高めたかったらコーチングを学ぶのはどう?」

「利用者に美容を提供してあげたいならケアビューティストって資格があるよ」

訪問看護ステーションは、看護以外のスキルに対しても寛容に応援をしてくれる企業が多いという特徴があります。

プライベートの時間もある程度確保できるようになるので、あなたが興味を持っていたことにチャレンジできる環境を得る事ができるでしょう。

 

トコル
イマイチ訪問看護ってどんなところか分からない!という人は、こちらの記事(訪問看護ステーションで働くって正直どう?病院や施設との違いは?【業務内容と1日の流れ】)にまとめているので参考にしてみてください!
あわせて読む
訪問看護ステーションで働くって正直どう?病院や施設との違いは?【業務内容と1日の流れ】

続きを見る

 

30代看護師にオススメする訪問看護ステーションの特徴とは

30代の看護師はどのような訪問看護ステーションに転職をすればいいのでしょうか?

現役の人事がオススメする訪問看護ステーションの特徴を3つお伝えします。

 

訪問看護の件数をコントロールしてくれる

もうご存知かもしれませんが、訪問看護は「体力勝負」の側面があります。

特に都心部では、移動は自転車を使用しているステーションが多く、1日6〜7件となるとヘトヘトになる人もいるでしょう。

ただ、30代という年代が微妙で、この移動に疲れを感じる人とそこまで苦にならない人が混在しているといえます。

そのため、各個人の体力に合わせて訪問看護の件数をコントロールしてくれる訪問看護ステーションを選ぶべきです。

 

体力がある人は、どんどん訪問をしてインセンティブで稼ぐべきです(参考記事:インセンティブで稼ぎたい人が転職すべき訪問看護ステーションの特徴5選)。

インセンティブとは、訪問すればするほど給料が上がっていくシステムなので、「年収600万円を目指したい!」「将来のために貯蓄したい!」という人は、訪問件数を任せてもらえる訪問看護ステーションに転職するべきでしょう。

 

一方、体力に自信がない人は、インセンティブで稼ぐことはオススメしません。

インセンティブは体力勝負なので、自分の体が悲鳴をあげてしまいます。

5件くらいの訪問件数で、余裕を持ちつつ訪問するべきです。

 

訪問看護ステーションの中には、「1日7件がノルマ」というところもあるので注意が必要です。

しっかりと「個人」を見てくれるステーションを選ぶようにしましょう。

 

ステップアップの道しるべがある

訪問看護ステーションで働く30代の看護師にとって、いつまでもプレイヤーとして現場に出るのは体力面で限界がきます。

その点、現場に出る以外にも輝ける道するべが用意されているステーションを選ぶと、将来に対する安心感が得られます

将来的に後輩指導を中心にするポジションがある、主任・副所長・所長といった段階的な役職があるなど、ステップアップが用意されている訪問看護ステーションがオススメです。

 

ステップアップと聞くと、「いやそういうのに私は興味ないです…」という人もいるかと思いますが、そのような人は、「プレイヤーとして動かなくても良いポジション」があるかを重視してください。

事務仕事や訪問スケジュール調整など、いわゆる裏方の仕事がたくさんあるのが訪問看護業界の特徴です。

少しでもあなたの身体に負担がかからない働き方が用意されているステーションを選びましょう。

 

看護業務以外の事を学べる環境がある

ある程度経験年数を重ねた人は、看護業務以外のスキルを身につけると今後の働き方の幅が広がります

特に必要なスキルは、後輩指導やチームをまとめるスキルです。

 

一般的には「コーチング」と呼ばれたりしますが、このスキルは必ず必要な時がきます。

会社として、訪問看護に直結する勉強会を開いているのも素晴らしいことなんですが、コーチングに関する勉強会の開催、もしくは訪問看護業務以外の勉強会に参加する費用負担(福利厚生)が準備されている訪問看護ステーションを選ぶと良いでしょう。

 

30代の看護師が訪問看護ステーションへの転職を成功させるための条件とは?

確かに、昨今の訪問看護ステーションでは30代看護師の需要が高まっています。

しかし、あなたにとって働きやすい訪問看護ステーションに出会えるかどうかはまた別問題です。

転職に失敗しない唯一の方法、それは「転職サイトを利用する」ことです。

求人を探す方法は他にもありますが、転職サイトを利用するのが一番確実だと私は思っています。

訪問看護ステーションの求人の探し方!自分で探す?転職サイト?友人の紹介?

続きを見る

 

例えば、「訪問看護の件数を調整してくれる」などは、一人で転職活動をすると見えてこない部分です。

職場の雰囲気も「入社してみないと分からない」という、ある意味ギャンブル的な転職になってしまいます。

その点、転職サイトのコンサルタントは職場内の実情を知っています。

実際にその職場に転職した人の声を教えてくれたり、外側からは分からない多くの情報を教えてくれます。

 

自分の希望をコンサルタントに伝えれば、希望に合った訪問看護ステーションを代わりにピックアップしています。

また、給与交渉や面接日程の調整もすべてフォローしてくれるので、働きながらの転職活動がスムーズにできるのもメリットでしょう。

 

30代の看護師にオススメの転職サイトは?

現在、私は訪問看護ステーションで人事をしています。

多くの医療関係者と面接をする中、30社以上の転職サイトと関わりを持ってきました。

その中で、30代の看護師にオススメできる転職サイトは、「ジョブメドレー(看護師)」「看護のお仕事」です。

ジョブメドレー(看護師) | サーチ型とスカウト機能が魅力(公式サイト):サーチ型(自分で求人を探す)のためしつこい電話がなく、登録をしておけば企業からスカウトをもらうことができる。

看護のお仕事 | 業界最大級の非公開求人(公式サイト):業界最大級の非公開求人(好条件求人)を有することで有名な一方、24時間対応を整えているなど利用者目線に立ったフォローが手厚い。

 

正直、ジョブメドレー(看護師)に限っては、登録するデメリットが見つからないという理由が一番大きいです。

自分で求人を探すサーチ型を採用しているため、とりあえず求人を探してみたい!という人にオススメです。

また、登録をしておくだけで、プロフィールを見た事業所からオファーが届く可能性もあります。

 

看護のお仕事は、業界最大の求人数を有する一方、転職に対するフォローも手厚いので、とにかく好条件の求人に出会いたい!という人にオススメです。

両者は、私の訪問看護ステーションで働く看護師からも「使ってよかった」との声が多い転職サイトです。

当サイトのランキング・評判・口コミについて

当サイトに掲載しているランキング・評判・口コミは、現役で訪問看護ステーションに働く看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ケアマネジャーを対象にしたアンケートのもと作成しております。

アンケートの内容(pdf):
転職サイトに関するアンケートのお願い(看護師用)
転職サイトに関するアンケートのお願い(リハビリスタッフ用)

 

どちらか迷っている人は、以下の基準を参考にしてください。

ただ、片方にしかない求人も多数あるので、両方とも利用するのもアリでしょう。

実際、約3割の看護師が2つ以上の転職サイトに登録をしています(*当ステーション調べ:2022年)。

 

トコル
もっとオススメの転職サイトランキングを見たい!という方は、こちらの記事(【2022年】看護師向け!訪問看護ステーションへの転職にオススメの転職サイトランキング!)に最新版のランキングをまとめているので参考にしてみてください。
あわせて読む
【2022年】看護師向け!訪問看護ステーションへの転職にオススメの転職サイトランキング!

続きを見る

 

転職時期が未定だけど登録しても良いのか?

よく「まだ転職時期が決まっていないけど転職サイトに登録して良いのか?」という質問をいただきます。

答えは「YES」です。

「退職願を出したものの希望する転職先がなかった!」という自体は一番避けたいため、多くの看護師は転職時期が未定のまま転職活動をしています。

実際、転職サイトの転職希望時期にも、「未定」や「今は情報収集だけしたい」といった項目があるので、コチラをチェックして登録をすれば何ら問題はありません。

*マイナビ看護師より引用

 

どこの転職サイトが良いか分からない…と迷ったら!

 

30代看護師は、即戦力として欲している企業も多いので、とりあえず「ジョブメドレー(看護師)」に登録をしてスカウトを待つという方法をオススメします。

転職の意思が固まっている人は、ぜひ好条件の求人に出会って欲しいので、「看護のお仕事」にも登録をしておくようにしましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トコル

関東在住の理学療法士。27歳で訪問看護ステーションに転職。現在は人事業務を兼任し、月に3〜5名の看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・事務・ケアマネの面接を行なっています。面接をした人数は200名以上。関わった転職サイトは30社以上。

-看護師向け