看護師向け

看護師のドロドロした人間関係にウンザリ!転職するのが一番効果的。

今回は、ドロドロした人間関係にウンザリしている看護師向けの記事です。

「上司からのパワハラに耐えられません…。」

「ステーションの雰囲気が最悪です…。」

「私だけ訪問件数が多いんです…。」

どこの職場にもあり得ることではありますが、看護師の世界では特に多いような気がしています

私は、とある訪問看護ステーションで人事も兼任しているので、よく看護師と面談をさせていただいております。

その中から、Aさん(20代看護師・女性)の体験談を元に、ドロドロした人間関係の解決方法をお伝えしていきます。

この記事でわかること

・訪問看護の人間関係ってそんなにドロドロしてるの?(看護師Aさんの体験談)

・ドロドロした人間関係を解決する3つの方法

・ドロドロした人間関係に悩まないための転職方法

・ドロドロした人間関係に悩む看護師にオススメの転職サイトは「看護のお仕事

職場における人間関係の悩みランキング

まず、具体的にどのような人間関係に悩んでいるのか。

職場における人間関係の悩みをランキング形式で見ていきましょう。

順位悩み具体例割合
1位苦手な人がいる「どうしても好きになれない…」38.7%
2位悪口を言う人がいる「嫌な気持ちになるよ…」22.7%
3位会話に入れない「ワイワイできません…」19.2%
4位特に悩みはない 15.7%
5位仲良い人がいない「誰とも気が合わない…」15.3%
6位プライベートを詮索される「仕事以外はほっといて欲しい…」14.7%
7位パワハラをされる「精神的に追い詰められる…」11.5%
8位嫉妬をされる「自分は普通にしてるだけ…」6.1%
9位セクハラをされる「お触りされます…」5.8%
10位イジメ「無視、指導をしてくれない…」3.8%

*引用:マイナビウーマン「人間関係、何が悩みの種? 働く女子に聞く「職場での人間関係で一番悩んでいること」ランキング」

特に看護師業界は人間関係がドロドロしている!?

上記の表は、看護師関係なく、働いている女性全般を対象にしたアンケートです。

概ね、看護師業界でも大きく外れはないかと思いますが、私個人的な感想を言うと、「もっと看護師は悩みが多いんじゃないかな」と思います。

特に、看護師には「看護観」と言う言葉ある通り、それぞれの看護に対する考え方があります。

その看護観を部下に押し付ける上司、後輩の看護観を真っ向から否定する先輩。

専門職ならではの悩みというのが多い印象です。

ドロドロした人間関係に悩んでいた看護師Aさんの体験談

それでは、看護師Aさん(20代・女性)の体験談から、ドロドロした人間関係に悩む看護師の一例を見ていきましょう。
*Aさんは「精神科訪問看護が怖い…。」にもご登場いただいています。

利用者の悪口ばかり言う訪問看護ステーション

私が働いていたのは、看護師10人の訪問看護ステーションでした。

利用者のほとんどが精神疾患です。

私は1日約5件訪問をしていました。

1日5件という数は、適度に休憩を取りながら余裕を持って訪問することができる指標です。

「余裕を持って訪問に周れるなんていいね〜」と言われそうですが、私にはそれが逆に負担でした。

というのも、空き時間があることで事業所に戻らなければなりません。

その事業所に戻るのが苦痛で苦痛で仕方なかったのです。

なぜなら、事業所に戻るとベテラン看護師たちが、決まって利用者の悪口を言っているのです。

「あの利用者今日も風呂入ってなかったわ〜汚ね〜」
「もう同じ空間に居たくなかったから10分で出てきたわ」

本当に看護師か?と思う言葉を常に発しています。

それも40代〜50代のベテランと呼ばれている看護師たちが。。

話せる雰囲気がない看護師たち

このように、気の合うベテラン同士が固まってクチャクチャ悪口を言っているので、他のスタッフは話しかける雰囲気がありません。
(というのもこんな看護師と話したくもないんですが。。)

ただ、他の看護師には尊敬できる人もいました。

このとき、私は精神科訪問看護に悩んでいた時だったので、その看護師と話したい時が何度もあったんですが、話しかけようとするとそのベテラン看護師勢が邪魔してくるのです。

「なんで一番経験がある私に聞かないの?」
「あ〜それは違うと思うわ!」

ベテランの看護師に話しかけないと、あからさまに機嫌を悪くします。

そして、話しかけると看護観を否定されます

事務所で話せる雰囲気は一切ありませんでした。

何も動いてくれない上司

このような人間関係に悩んでいたのに加えて、精神科の訪問看護に対しても悩んでいたので、私は上司に相談することにしました。

その時、決まって上司は「わかった。考えてみる」と言います。

しかし、実際に改善されることは一切ありませんでした。

もしかしたら、上司にもできないことがあったのかもしれません。

100歩譲ってそれは理解できるとして、私の悩みを今どのように考えてくれているのか、どのように動いてくれたのか、それすらも一切分からず時間だけが経過していきました。

人間関係にウンザリ!私が実践した3つの解決策

私は、「このドロドロした人間関係は私自身でどうにかするしかない」と思い、様々な解決策を試しました。

一定の効果があった3つの解決策をお伝えします。

できるだけ職場にいないようにする

まず、なぜ私は人間関係で悩んでいるのかを考えました。

様々な理由があると思いますが、突き詰めていくと「人と会っているから」ここに辿り着きました。

聞くと当たり前じゃん!って思われるかもしれませんが、この答えに行き着くまでに結構時間を要しました。

人と会って、人と会話をしたり、人の態度を察したり、人からの攻撃を受けたり。

これらは、人と会わなければ生じることはありません。

訪問看護は基本的に外回りで、病院や施設で働いている看護師と比べれば、1人でいる時間が多いんですが、空き時間に事務所に戻ることも苦痛になっていました。

そのため、「空き時間にも事務所に戻らない」これを徹底しました。

「この空き時間何してたの?」と言われたら何か言い訳を考えないといけないと思ったんですが、意外と何も言われることはありませんでした。

きっと、私の時間なんて興味がなく把握していなかったんでしょうね。

空き時間は、カフェで記録書を作成したり、せめてもの償いで仕事関係のことはしていました。

金欠の時はコンビニのイートインスペース。

ここも意外と居心地が良くて良かったですね。

この事務所に戻らないという、物理的に人と会う時間を減らすのはある一定の効果を得ることができました

トコル
「物理的に距離を取る」のはいい方法だと思いますが、もうここまで悩んでいる人は心身ともに健康ではない可能性が高いです。

すぐにでも辞めて休息を取ることをオススメしたいです。

もし、「辞めると言えない」「辞めさせてくれない」という人は、退職代行を利用するのも一つでしょう。

関連記事:【訪問看護をやめたい】退職代行を使うのってアリ?【オススメ業者紹介】

人間関係の悩みを気にしないメンタルをつける

しかし、完全に人と会うことをなくすことはできません。

朝礼、ミーティング、複数名の訪問看護など…。

次に考えたのは、人間関係の悩みを気にしないメンタルを身につけようと思いました。

ちょうど精神科の訪問看護に対しても悩んでいた時期だったので、心理カウンセリングを学ぶことができるformie(フォーミー)の「心理カウンセリングスペシャリスト」の資格を受講しました。

formie(フォーミー):40種類以上の資格をWeb講座で取得できる。月980円のサブスクプラン(資格を学び放題)が人気。

この資格は、利用者とのコミュニケーションはもちろん、職場の人とのコミュニケーションを円滑にできる考え方や技術を学ぶことができます

オンラインで受講が可能なので、働きながら学べたのも大きかったです。

結果的に、心理カウンセリングスペシャリスト資格講座の資格を取得したのは大正解でした。

formieの心理カウンセリングスペシャリストの詳細はこちら>>

他の訪問看護ステーションに転職をする

心理カウンセリングを学んでから、「あの人の行動は変えられない」「私がどう解釈するか」と割り切ることができ、前ほど悩むことはなくなりました。

と同時に、「ここで働き続ける意味は果たしてあるのかな?」とも考え始めました。

心理カウンセリングを学ぶ中で、「もっと私には輝ける場所がある!」と前向きになることができました。

結果、私は別の訪問看護ステーションに転職を決めました。

よく「訪問看護ステーションで嫌な思いをしたのに、また訪問看護ステーションに転職したの?」と聞かれます。

しかし、私にとって訪問看護ステーションに転職するのは自然の流れでした。

なぜなら、訪問看護という仕事自体は嫌いじゃなかったし、何より適度に1人で入れる時間を作れるのは、私にとってかなりプラスだったからです。

病院や施設で働いている看護師で、ドロドロした人間関係に悩んでいる人は、ぜひ訪問看護ステーションへの転職をオススメします。

病院や施設では、常に人がいます。

あなたが苦手なあの人も常に同じ空間にいます。

しかし、訪問看護は基本的に外回りです。

一人で移動して一人で看護をする。

物理的に人と会う時間を減らすことができるのが、訪問看護ステーションです。

トコル
トコル

訪問看護の業務をもっと知りたい!という人は、コチラの記事(訪問看護ステーションで働くって正直どう?病院や施設との違いは?【業務内容と1日の流れ】)を参考にしてください。

あわせて読む
訪問看護ステーションで働くって正直どう?病院や施設との違いは?【業務内容と1日の流れ】

続きを見る

人間関係に悩む看護師が転職を成功させるための条件とは

もうドロドロした人間関係で失敗したくない!という看護師は、転職サイトを使って転職をするのがオススメです。

訪問看護ステーションのホームページでも求人を見ることができますが、「どのような人間関係なのか」は分かりません。

どこのホームページも仲が良さそうな写真を使って人間関係の良さをアピールしています。

ある意味、ホームページを見て自己応募するのはギャンブルと言えます。

その点、転職サイトのコンサルタントは、職場内の生の声、雰囲気を知っています。

実際にその職場に転職した人の声を教えてくれたり、事前情報を多く知ることができます。

働きながらの転職活動だったので、面接日程を交渉してくれたのも本当に助かりました。

ドロドロした人間関係に悩んでいた看護師Aさんが利用した転職サイトは?

私が利用した転職サイトは、「看護のお仕事」と「ジョブメドレー(看護師)」です。

看護のお仕事は、友人から「職場の内情に強い」と勧められたので利用をしました。

確かに、働いてみなければならない情報など教えてもらうことができたので、本当に利用してよかったと思っています。

ジョブメドレー(看護師)は、登録しておけばスカウトを貰うことができるので、とりあえずの気持ちで登録をしておきました。

特にジョブメドレー(看護師)はしつこい電話がないため、「良いスカウトがあったら転職を考えたい」と思っている人は、とりあえず登録しておくことをオススメします。

看護のお仕事 | 業界最大級の非公開求人(公式サイト):業界最大級の非公開求人(好条件求人)を有することで有名な一方、24時間対応を整えているなど利用者目線に立ったフォローが手厚い。

ジョブメドレー(看護師) | サーチ型とスカウト機能が魅力(公式サイト):サーチ型(自分で求人を探す)のためしつこい電話がなく、登録をしておけば企業からスカウトをもらうことができる。

結果、「ジョブメドレー(看護師)」から1件のスカウトを頂くことができましたが、看護のお仕事から紹介してもらった訪問看護ステーションに転職をしました。

今は、少人数ではありますが人間関係が良いステーションで働くことができています。

トコル
オススメの転職サイトランキングを見たい!という方は、こちらの記事(【2022年】看護師向け!訪問看護ステーションへの転職にオススメの転職サイトランキング!)に最新版のランキングをまとめているので参考にしてみてください。
あわせて読む
【2022年】看護師向け!訪問看護ステーションへの転職にオススメの転職サイトランキング!

続きを見る

ドロドロした人間関係に悩む看護師は体調を崩す前に退職&転職を考えよう!

「人間関係の悩みはつきもの」と考えている看護師は多いかと思いますが、今よりももっと良い環境の訪問看護ステーションはたくさんあります。

まずは心に余裕を持ちながら働くことが大切です。

「もう職場に行きたくない…」「とりあえず休みたいな…」

と考えている人は、一度辞めてしまうのも一つです。

もし、辞めるのが言いづらい人は、いまのご時世「退職代行」を利用するのも一つでしょう。

訪問看護をやめるときにオススメの退職代行業者3選はコチラ>>

人間関係の良い訪問看護ステーションで働きたい!という人は、ぜひ私がオススメする転職サイトを利用して失敗のない転職を掴み取ってください!

ドロドロした人間関係に悩む看護師にオススメ!

看護のお仕事の公式ホームページはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トコル

関東在住の理学療法士。27歳で訪問看護ステーションに転職。現在は人事業務を兼任し、月に3〜5名の看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・事務・ケアマネの面接を行なっています。面接をした人数は200名以上。関わった転職サイトは30社以上。

-看護師向け