看護師向け

20代の看護師でも訪問看護に転職は可能?選び方と年収600万円の稼ぎ方!

この記事では、20代の看護師向けに訪問看護ステーションへの転職方法をお伝えします。

20代の転職は大きな不安がつきものです。

しかも、一人でケアをしなければならない訪問看護ステーションとなると、その不安はさらに大きくなるでしょう。

「20代でも転職できるの?」

「私に訪問看護なんてできるのかしら…?」

「どのような訪問看護ステーションを選べば良いか教えて!」

私は訪問看護ステーションで人事をしていますが、20代で転職してくる看護師は急増しています。

しかし、転職先に失敗してしまうと、すぐに退職をする人が多いのも事実です。

訪問看護に興味はあるけど転職に失敗したくない!という20代の看護師は、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事の結論!

・20代でも訪問看護ステーションで活躍している人は多くいる!

・20代看護師でも年収600万円以上稼げる!

・20代の看護師にオススメの転職サイトは「看護のお仕事」!

20代の看護師が訪問看護で働くのは不可能!?

「訪問看護は一人でケアをするから経験年数が少ない人はできない」

 

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

確かに、訪問看護は一人で利用者の家に行き、看護業務を行います。

そのため、すべてのことを一人で完結できないと働くのが難しいと言われていました。

 

しかし、これは過去の話です。

今は、地域包括ケアシステムの充実に伴い、訪問看護ステーションの数が急増しています。

一方、看護師の数は慢性的に不足しており、それは訪問看護ステーションも例外ではありません。

そのため、最近の訪問看護ステーションは、教育体制に力を入れており、今や新卒の看護師を受け入れているところも少なくないのです

 

また、昔は訪問先でトラブルがあった際、上司に電話で連絡をするしかなかったのが、今は状況を写真で撮ってチャットワークで共有するなど、遠隔でも指導を受けられる体制が整いつつあります。

一人前にならなきゃ訪問看護はできないという時代は終わりつつあります。

 

そのため、あなたが在宅の看護に興味を持っているのであれば、年齢だけで諦めるのはもったいないです。

その想いを大切にして、思い切ってチャレンジをするべきです。

 

トコル
イマイチ訪問看護ってどんなところか分からない!という人は、こちらの記事(訪問看護ステーションで働くって正直どう?病院や施設との違いは?【業務内容と1日の流れ】)にまとめているので参考にしてみてください!
あわせて読む
訪問看護ステーションで働くって正直どう?病院や施設との違いは?【業務内容と1日の流れ】

続きを見る

 

こんな20代の看護師は訪問看護への転職を!

以下のように考えている20代の看護師は、積極的に訪問看護にチャレンジして良いでしょう。

  • 在宅の生活に興味がある20代の看護師
  • 職員とのコミュニケーションが苦手な20代の看護師
  • 年収600万円以上目指したい20代の看護師

 

在宅の生活に興味がある20代の看護師

在宅には、病院では見せない患者さんの顔があります。

病院で働いている時、「なんでこの人は何回も入院してしまうんだろう?」と思ったことはありませんか?

実際に在宅での生活を見ると、その答えが隠されている事がわかります。

「部屋が乱雑で転倒するリスクが高い」

「食生活しっかりしているって言ってたのにかなり偏食じゃん!」

など、病院では得ることができない、在宅ならではの気づきを得ることができます。

住みなれた在宅で、安心した生活を支えたいという看護師は、訪問看護に向いているでしょう。

 

職員とのコミュニケーションが苦手な20代の看護師

病院や施設で働いていると、苦手な上司も同僚もすぐ近くにいます。

いちいち顔色をうかがったり、無駄なコミュニケーションをする機会も多いでしょう。

職員とのコミュニケーションが苦手!という人にとって、訪問看護ステーションはオススメです。

 

もちろん、どこで働いていてもスタッフとのコミュニケーションは必要になるのですが、訪問看護は一人で訪問するという特徴上、自分だけの時間を確保できます

必然と一人でいる時間が増えるのです。

訪問に向かうとき、訪問が終わった後、一人で考えを整理することもできます。

もし、自転車で訪問するステーションでしたら、季節折々の自然を感じることもできます。

仕事のストレスを発散する時間が定期的にあるので、自分のペースで仕事に向き合うことができます。

 

年収600万円以上稼ぎたい20代の看護師

20代の看護師が最も稼げる業態が、訪問看護ステーションでしょう。

病院も夜勤や休日出勤などの手当てで稼ぐことはできますが、それ以上に訪問看護ステーションのインセンティブの方が稼げます

体力に自信がある!という方は、年収600万円も十分に目指せるでしょう。

参考記事:インセンティブで稼ぎたい人が転職すべき訪問看護ステーションの特徴5選

 

20代の看護師にオススメする訪問看護ステーションの特徴は?

それでは、20代の看護師はどのような訪問看護ステーションに転職をすればいいのでしょうか?

オススメする訪問看護ステーションの特徴を3つお伝えします。

 

教育体制が整っている訪問看護ステーション

訪問看護に転職するメリットは多いとは言ってもまだ20代。

まだまだ分からないこともあり、不安なこともあるでしょう。

やはり、若い時に転職する際は、教育体制がしっかりしている訪問看護ステーションに転職するべきです。

いきなり転職してすぐに一人で訪問に行け!と言われても、困ってしまいますもんね。

 

教育体制が整っていかどうか見分けるポイントは、以下の3点です。

教育体制が整っている訪問看護ステーションの特徴

  • プリセプターがついてくれるか
  • 同行の期間はどのくらいか
  • 勉強会の頻度はどのくらいか

 

プリセプターがついてくれるか

プリセプターとはあなたの指導者を指します。

あなたが困った時、誰に聞けばいいのかを明確にしてくれるステーションを選びましょう。

 

同行の期間はどのくらいか

一般的には、一人で訪問が自信を持って行けるようになるまで、プリセプターと一緒に同行して訪問をします。

しかし、忙しい訪問看護ステーションだと、1回の同行だけで次から単独で訪問というところもあります。

あなたが繰り返し同行をして慣れていきたいと思うのであれば、同行の期間が1〜3ヶ月設けてくれるステーションを選びましょう。

 

勉強会の頻度はどのくらいか

教育体制がしっかりしているステーションは、定期的に勉強会を開催しています。

週1回〜月1回の頻度で開催しているステーションは、教育体制がしっかりしていると判断していいでしょう。

 

訪問件数を多く任せてもらえる訪問看護ステーション

この項目は主に年収600万円以上稼ぎたい人向けです。

先ほど、「インセンティブで稼ぐ」と書きましたが、インセンティブとは、ある一定の訪問件数を超すと、1件につき数千円のお金が上乗せされる制度です。

「80件以上3,000円のインセンティブ」など、求人募集に記載されていると思います。

例えば、給与形態が「基本の給料32万円+1か月80件以上の訪問につき1件3,500円のインセンティブ」で、1日の訪問件数が「約7件」とすると、1ヶ月147件訪問(21日勤務の場合)することになります。

ここからインセンティブが発生するまでの80件を引くと、67件がインセンティブ対象件数になります。

つまり、67件×1件のインセンティブ3,500円で234,500円=約23万円をインセンティブだけで稼げます

そこに基本の給料の32万円が加わりますので、32万円+234,500円=534,500円が1か月のお給料になります。

1日の訪問件数が7件よりも少なくなればインセンティブの金額も減るので、どのくらいの訪問件数を任せてもらえるかの確認は重要です。

給料面以外にも、スキルアップの面から見ても訪問件数を多く任せてもらうことは重要です。

「経験年数が少ないからたくさん訪問するのは不安」という人がいますが、逆です。

訪問件数が少ないから不安が解消されないのです。

若いうちは、できるだけ多くの利用者をみて、吸収していく方が今後の成長に繋がります。

 

看護師以外の職種がいる訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは、看護師以外の職種が働いている事があります。

多くは理学療法士などのリハビリスタッフ、ケアマネジャーなどが考えられます。

若いうちに、看護の視点とは別の視点を知っておくのは、今後の成長に繋がります。

褥瘡の利用者がいた場合、リハビリのスタッフにポジショニングを聞いたり、廃用症候群の利用者には筋トレを教えてもらったり、専門外の事を吸収する事ができます。

 

また、ケアマネジャーや事務スタッフの存在も大切です。

若いうちはそこまで求められないかもしれませんが、経験年数を重ねると、必ず「制度」について勉強するときがくるでしょう。

ケアマネジャーや事務スタッフがいるステーションは、制度関係の用語が飛び交っているので、いざという時にそこまで嫌悪感を抱かなくて済みます。

 

トコル
転職に失敗しない訪問看護ステーションの選び方は、コチラの記事(【転職希望者必見】訪問看護ステーションの選び方!【21のチェックポイント】)に完全版をまとめているので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください!
あわせて読む
【転職希望者必見】訪問看護ステーションの選び方!【21のチェックポイント】

続きを見る

 

年収600万円を目指したければ面接が超重要!

20代の看護師でも、インセンティブ制度を利用して年収600万円以上を稼ぐことは可能です。

この時、私たちがしなければならないことは、「インセンティブを貰える訪問看護ステーションに転職をする」ということです。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、実際はインセンティブを魅力的な数値で設定していたとしても、そのインセンティブを全然もらうことができないという事態が多く発生しています。

このような事態を招かないためには、「面接」が超重要になります。

詳しくはコチラの記事(【訪問看護の面接対策】「何か聞きたいことありますか?」で聞くべきこと【目的別】)で解説していますが、以下の5つは必須で確認しておきましょう。

既存のスタッフで多い人は1日何件訪問しているか
・介護保険での提供時間は30分が多いか60分が多いか
・会社の方針
・1ヶ月間の新規利用者
・訪問範囲と平均移動時間
・その他、給与交渉やインセンティブ交渉など

面接時にはこのような質問をして、本当にインセンティブをもらうことができる訪問看護ステーションなのかを見抜く必要があります。

「面接なんてただでさえ緊張するのにこんなの聞けない!」と思われるかもしれませんが、本気で年収をあげたい人はここまで徹底する必要があります。

 

20代の看護師が訪問看護ステーションへの転職を成功させるための条件とは?

確かに、20代の看護師が転職で成功をすること、そしてさらに年収600万円の訪問看護ステーションに出会うのは簡単なことではありません。

しかし、「近道」があるのも事実です。

それは、「転職サイトを利用する」ことです。

例えば、「プリセプターが付いてくれる訪問看護ステーション」などは、一人で転職活動をすると見えてこない部分です。

職場の雰囲気も「入社してみないと分からない」という、ある意味ギャンブル的な転職になってしまいます。

その点、転職サイトのコンサルタントは職場内の実情を知っています。

実際にその職場に転職した人の声を教えてくれたり、外側からは分からない多くの情報を教えてくれます。

 

自分の希望をコンサルタントに伝えれば、希望に合った訪問看護ステーションを代わりにピックアップしています。

また、先ほど挙げた「面接で聞くこと」も、事前に転職サイトのコンサルタントに伝えておけば、変わりに聞いてもらうこともできます。

給与交渉や面接日程の調整もすべてフォローしてくれるので、働きながらの転職活動がスムーズにできるのもメリットでしょう。

 

20代の看護師にオススメの転職サイトは?

現在、私は訪問看護ステーションで人事をしています。

多くの医療関係者と面接をする中、30社以上の転職サイトと関わりを持ってきました。

その中で、20代の看護師にオススメできる転職サイトは「看護のお仕事」「マイナビ看護師」です。

看護のお仕事 | 業界最大級の非公開求人(公式サイト):業界最大級の非公開求人(好条件求人)を有することで有名な一方、24時間対応を整えているなど利用者目線に立ったフォローが手厚い。

マイナビ看護師 | 認知度No.1(公式サイト):看護師向け転職サイトで最大手。コンサルタントのフットワークが軽いので転職に急いでいる人は特にオススメ。

 

看護のお仕事は、好条件求人を多く有するのはもちろん、企業の内情にも精通しているのであなたにピッタリな転職先を提案してくれる可能性が高いでしょう。

マイナビ看護師は、コンサルタントが丁寧でフットワークが軽いので、ある程度早めに転職を決めたい人にオススメです。

実際、私の訪問看護ステーションで働く看護師からも「使ってよかった」との声が多いです。

当サイトのランキング・評判・口コミについて

当サイトに掲載しているランキング・評判・口コミは、現役で訪問看護ステーションに働く看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ケアマネジャーを対象にしたアンケートのもと作成しております。

アンケートの内容(pdf):
転職サイトに関するアンケートのお願い(看護師用)
転職サイトに関するアンケートのお願い(リハビリスタッフ用)

 

どちらか迷っている人は、以下の基準を参考にしてください。

ただ、片方にしかない求人も多数あるので、両方とも利用するのもアリでしょう。

実際、約3割の看護師が2つ以上の転職サイトに登録をしています(*当ステーション調べ:2022年)。

 

トコル
もっとオススメの転職サイトランキングを見たい!という方は、こちらの記事(【2022年】看護師向け!訪問看護ステーションへの転職にオススメの転職サイトランキング!)に最新版のランキングをまとめているので参考にしてみてください。
あわせて読む
【2022年】看護師向け!訪問看護ステーションへの転職にオススメの転職サイトランキング!

続きを見る

 

転職時期が未定だけど登録しても良いのか?

よく「まだ転職時期が決まっていないけど転職サイトに登録して良いのか?」という質問をいただきます。

答えは「YES」です。

「退職願を出したものの希望する転職先がなかった!」という自体は一番避けたいため、多くの看護師は転職時期が未定のまま転職活動をしています。

実際、転職サイトの転職希望時期にも、「未定」や「今は情報収集だけしたい」といった項目があるので、コチラをチェックして登録をすれば何ら問題はありません。

*マイナビ看護師より引用

 

どこの転職サイトが良いか分からない…と迷ったら!

 

20代という若さで転職活動をするのであれば、親身に寄り添ってくれる「看護のお仕事」に登録をしておけばとりあえず間違いはないと思います。

加えて、「転職を急ぎたい」「もっとたくさんの求人を見たい」という人は、認知度No.1の「マイナビ看護師」にも登録しておけば安心かもしれませんね!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トコル

関東在住の理学療法士。27歳で訪問看護ステーションに転職。現在は人事業務を兼任し、月に3〜5名の看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・事務・ケアマネの面接を行なっています。面接をした人数は200名以上。関わった転職サイトは30社以上。

-看護師向け