作業療法士向け

年収600万円に上げたい作業療法士は訪問看護ステーションに転職を!

この記事は、年収を600万円にあげたい作業療法士のあなたに向けて書いています。

私は訪問看護ステーションで理学療法士兼、毎月3〜4名の面接を行う人事をしています。

もし、私が作業療法士だったとしたら、間違いなく訪問看護ステーションに転職します。

訪問看護ステーションで働くって正直どう?病院や施設との違いは?【業務内容と1日の流れ】

続きを見る

 

なぜなら、昨今の現状から、作業療法士が訪問看護ステーションに転職すれば、他の職種よりも比較的簡単に年収600万円を目指すことができるからです。

 

この記事のまとめ

・訪問看護ステーションにおける作業療法士は、理学療法士より仕事の幅が広い!

・雇用側は作業療法士を充足させたいと考えている!

・作業療法士にオススメの転職サイトはPTOTSTワーカー

 

年収を上げて「もっと余裕のある生活をしたい!」「将来の不安を減らしたい!」と考えている作業療法士は、ぜひ最後まで読み進めてください。

作業療法士が訪問看護ステーションで年収を600万円に上げられる理由

一般的に、リハビリスタッフが一番稼ぎやすい業態は訪問看護ステーションと言われています。

訪問看護ステーションは、基本の給料が高めに設定してあることに加えて、「インセンティブ」という訪問すればする分、給料が上乗せされる制度を導入しているところが多いからです。

 

トコル
「インセンティブで稼ぐ方法」はコチラの記事(20代の理学療法士が年収600万円まで上げる転職術!【完全マニュアル】)で詳しく説明しています!理学療法士向けに書いてありますが、もちろん作業療法士も使えるノウハウです。
20代PT
20代の理学療法士が年収600万円まで上げる転職術!【完全マニュアル】

続きを見る

 

この稼ぎ方は作業療法士はもちろん、理学療法士や言語聴覚士、看護師も使える方法です。

しかし、この稼ぎ方が最も通用するのは「作業療法士」だと思っています。

理由は3つです。

  • 訪問看護ステーションでは理学療法士より作業療法士の方が仕事の幅が広い
  • 精神疾患の患者数が増加している
  • 訪問看護ステーションでリハビリスタッフの人員削減が始まっている

年収600万円を稼ぐのに一番近い職種と言っても過言ではありません。

一つずつ理由を解説してまいります。

 

訪問看護ステーションでは作業療法士の方が仕事の幅が広い

病院だと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の役割が明確に分けられていることが多いです。

基本動作は理学療法士、ADLは作業療法士など、それぞれの強みを活かしてリハビリを行います。

しかし、訪問看護ステーションからのリハビリは、「明確な区別はされていない」という現状があります。

というのも、訪問看護ステーションにリハビリ依頼をする人は、ケアマネジャーです。

ケアマネジャーが、「この利用者リハビリ必要になってきたから導入しよう」とケアプランを作成して、訪問看護ステーションに依頼がきます。

ケアマネジャーは、「歩行ができなくなってきたから理学療法士にお願いしたい」「着替えができなくなってきたから作業療法士にお願いしたい」ではなく、「リハビリをお願いします」という形で依頼をします。

そのため、理学療法士が上肢の練習やADLの練習をメインに、作業療法士が歩行練習をメインにリハビリをすることも大いにあります。

理学療法士と作業療法士の区別がなく、同じリハビリの人として捉えられている世界です。

 

作業療法士にしかできないリハビリがある

これだけを聞くと、「じゃあ理学療法士でもいいじゃん」と思われるかと思います。

しかし、訪問看護ステーションには作業療法士にしかできない仕事があります

それは、「精神疾患利用者に対するリハビリです(「精神科訪問看護指示書」が発行されている利用者に対するリハビリ)。

例えば、高齢でうつ病を主疾患として持っている利用者が、歩行時にふらつきが出てきたとしましょう。

この利用者に訪問でリハビリを導入したいと思ったら、作業療法士しか行けないのです。

理学療法士が、「いや!私たちも精神に関する勉強をしているので行けますよ!」と言っても無駄です。

これは、制度上決められているので、どう理学療法士が足掻いたとしても行くことはできません。

一方、理学療法士しか行けない疾患はありません。

つまり、理学療法士に行ける訪問はすべて作業療法士も行けるのです。

 

訪問看護ステーションで精神疾患の利用者は年々増加している

とはいっても、精神疾患の利用者って一部でしょ?と思われるかもしれません。

確かに、数年前は訪問看護ステーションの数が少なかったというのものありますが、あまり対象者はいませんでした。

しかし、ここ最近は精神疾患へのリハビリ介入がかなり増えています

というのも、日本における精神疾患を有する患者数の推移は年々増加しています。

 

当然、その中には身体が弱っている人もいるので、必然と精神疾患を持つ患者へのリハビリ需要は高まります。

つまり、作業療法士の需要が高まっている事を指します。

 

訪問看護ステーションでリハビリスタッフの人員削減が始まっている

政府は、令和3年(2021年)度の介護報酬改定で、訪問看護ステーションにおける人員配置基準は看護職員が6割以上にする方針をとっています。

つまり、一つの訪問看護ステーションでリハビリ職員は全体の4割にしなければならないという事です。

現状、リハビリスタッフが4割を超える訪問看護ステーションは約15%あると言われており、リハビリスタッフの人員削減、もしくは看護職員の増員は必須です。

現実的には、地域のニーズにもよりますが、リハビリスタッフの人員削減を徐々にしていく方向になると思います。

少数精鋭のリハビリスタッフで、多くの利用者のところに行き、ニーズを果たさなければなりません。

そのため、経営者視点でいうと、理学療法士よりも仕事の幅が広い作業療法士が欲しくなるのは当然です。

必然と、作業療法士の方を優先して採用してくことになるでしょう。

実際に、同じ能力、年齢、性別の理学療法士と作業療法士が面接に来て、昨今の現状から作業療法士を採用したという企業も知っています。

 

年収を600万円に上げたい作業療法士が転職すべき訪問看護ステーションの特徴は?

なんとなく、これからの訪問看護ステーションにおいて、作業療法士が追い風になっていることが理解できたかと思います。

しかし、どの訪問看護ステーションでも稼げるかと言われると話は別です。

年収600万円に上げたい作業療法士は、以下の特徴を持つ訪問看護ステーションに転職をしましょう。

 

  • 精神科訪問看護に力を入れている訪問看護ステーション
  • 解説してからある程度経過している訪問看護ステーション
  • インセンティブ制度がある訪問看護ステーション

精神科訪問看護に力を入れている訪問看護ステーション

正直、精神科訪問看護に力を入れていない訪問看護ステーションでも、年収600万円程度でしたら稼ぐことはできます。

しかし、作業療法士という特性を活かして、より確実に年収を上げたいのであれば「精神科訪問看護に力を入れている訪問看護ステーション」を選びましょう。

 

「え?今まで精神科なんて見たことないんだけど…」

という人もいるかもしれません。

確かに、過去2年以上精神疾患に携わっていないと精神科訪問看護に行くことはできません。

しかし、協会が運営する講習会に参加すれば、過去に実績がなかったとしても訪問することができます(研修は4日程度)。

参考リンク:日本訪問看護財団

 

問題なのは、求人を見ても精神科訪問看護に力を入れている訪問看護ステーションかどうかは分からないことです。

その点、転職サイトのコンサルタントは職場の内情をよく知っているので、精神科訪問看護に力を入れている訪問看護ステーションをピックアップしてもらえばスムーズに事が進みます。

 

トコル
私がオススメする転職サイトはPTOTSTワーカーです。しつこい電話も少なく、職場の内情をよく知っているので安心して任せられる転職サイトですよ!

 

インセンティブ制度がある訪問看護ステーション

再三申し上げましたが、インセンティブがなければ元も子もありません。

しかし、インセンティブ制度がある訪問看護ステーションと一言で言っても、各訪問看護ステーションによってインセンティブの設定や料金は異なります。

「実はほとんど稼げないインセンティブ設定だった!」なんてこともよくある話なので、インセンティブ制度における「数値」はしっかりと理解しておきましょう。

 

インセンティブ制度を理解するポイント①

まず、稼げるインセンティブの特徴を理解しておきましょう。

インセンティブが対象になるまでの訪問件数は、少なければ少ない方がいい
インセンティブの1件あたりの金額は、高ければ高い方がいい

 

例えば、「75件以降はインセンティブ3,000円のA社」と、「80件以降はインセンティブ3,000円のB社」があったら、早くにインセンティブをもらうことができるA社の方が稼ぎやすくなります

同じように、「80件以降はインセンティブ3,000円のA社」「80件以降はインセンティブ2,500円のB社」があったら、インセンティブの単価が高いA社の方が稼ぎやすくなります

基本の給料も考慮しつつ、よりインセンティブがつく会社を選びましょう。

 

インセンティブ制度を理解するポイント②

次に、見るポイントが「インセンティブが件数で設定されているのか、時間で設定されているか」です。

今まで件数で話を進めてきましたが、時間で設定されている会社もあります。

例えば、月の訪問時間80時間以上から1時間あたり3,000円のインセンティブ」といった具合です。

どちらも一長一短だと思いますが、個人的には件数で設定してある方がもらえる額は多くなると考えます。

というのも、訪問看護ステーションにおける介護保険を利用したリハビリの提供時間は、ほとんどが「40分か60分」です。

なので、1訪問が60分を超えることはほとんどないのです。

もし、件数でインセンティブを設定しているところであれば、40分でも1訪問と計算されますが、時間でインセンティブを設定しているところであれば、40分で計算されます。

わかりやすく、40分の利用者を1日5件訪問したとして比較してみると、

件数でインセンティブを設定:1件×5人=5件 *40分でも5件の計算
時間でインセンティブを設定:40分×5人=200分(3時間20分) *件数換算すると3.3件

 

もし、「80件以上でインセンティブ」と、「80時間以上でインセンティブ」の会社があったとしたら、「60分以上の訪問はほとんどない」という特徴上、件数で設定している方が給料は高くなります

これは、分かりやすく出した例ですが、多かれ少なかれこのようなカラクリがインセンティブにあります。

もし、何箇所か迷う会社があったら、実際に数値を当てはめてシミュレーションしてみると良いでしょう。

 

開設してからある程度経過している訪問看護ステーション

インセンティブで稼ぐためには、訪問看護ステーションが開設してどのくらい経っているかは重要です。

ここで押さえておきたいところは、会社の設立からではなく、あなたが働きたいステーションがどのくらい経過しているかです。

会社によっては、何店舗もステーションを構えています。

会社の設立時に立ち上げたステーションが5年経っていたとしても、あなたが就職を希望するステーションが立ち上げて間もないのであれば転職は控えた方が無難でしょう。

というのも、立ち上げたばかりのステーションは、まだ地域に認知されていない可能性があります。

そのため、ケアマネジャーからの新規依頼も少なく、あなたの訪問件数も思うように伸びない可能性が大きいです。

つまり、インセンティブに届かない件数が何ヶ月も続きます

ある程度、少なくとも設立して1年は経過しているステーションを選んだ方がいいでしょう。

 

年収を600万円まで上げたい作業療法士が転職を成功させるための条件とは?

年収を600万円まで上げたい作業療法士が、確実に転職を成功させたいのであれば、「転職サイト」の利用は必須です。

というのも、転職は「比較」が重要です。

一つの訪問看護ステーションしか見ていないと、

「実は隣の会社の方が給料いいじゃん・・・。」

「隣の会社の方が勉強会が充実してるらしい・・・。」

このような後悔は、転職時のあるあるです。

 

ある意味、ホームページを見て応募するのは「ギャンブル」なのです。

その点、転職サイトのコンサルタントは、転職先の訪問看護ステーションの内情を知っています。

あなたが、「年収600万円欲しい」という希望をコンサルタントに伝えると、年収アップを目指せる訪問看護ステーションを何件か紹介してくれます。

その中からあなたは比較すればいいのです。

働きながらの転職活動の場合は、コンサルタントが面接の日程調整をしてくれるのも助かります。

 

作業療法士の求人情報が豊富なおすすめの転職サイトは?

私の経験、または周りの作業療法士から直接評判を聞いた中で、オススメできる転職サイトをご紹介します。

ご紹介する転職サイトはすべて完全無料です。

特に、令和3年の介護報酬改定で、訪問看護ステーションの人員は看護師が6割以上いなければならないと打ち出されました。

そのため、どんどん募集の枠は狭くなっていくことが予想されるので、今すぐ登録をして希望に合う条件を検索してみることから始めましょう。

今現在、希望に合う求人がなかったとしても、良さそうな求人が出てきたらすぐにコンサルタントに問い合わせをしてみるという方法をオススメしています。

 

【第1位】
PTOTSTワーカー

・募集要項

求人職種理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
雇用形態常勤・非常勤
運営会社株式会社トライト

・公式サイトリンク

PTOTSTワーカー

・特徴

PTOTSTワーカーは、看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループが運営しています。

そのため、長年の紹介実績から各施設より強い信頼性を勝ち取っており、他の転職サイトにはない求人が多数用意されています。

また、しつこい電話連絡がないことでも有名です。

あなたの希望する連絡手段(メールなど)を尊重してくれて、無理に転職を勧めてくることもありません。

豊富な求人の中から、じっくりと自分のペースで転職活動したい人は登録必須の転職サイトと言えるでしょう!

★長年の紹介実績がある医療WORKERグループが運営!

★しつこい電話連絡がこない!

★無理に転職を勧めてくることナシ!

自分のペースで転職活動をしたい人は登録必須!

アンケートに寄せられた口コミ

年齢/性別/職種満足度内容
20代/女性/PT高い初めての転職だったのですが、手厚くサポートをしてくれました。
20代/男性/OT普通奥手な私にとっては、もう少しグイグイ来て欲しかった(笑)
20代/男性/OT高い何より自分のペースで求人を探せるのが良い。
30代/男性/PT高い電話は極力控えて欲しいと伝えたところ、しつこい電話はなかった。
40代/女性/PT普通求人数は業界トップなので、とりあえず登録は必須だと思う。

 

【第2位】
ジョブメドレー

・募集要項

求人職種理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
雇用形態正社員・契約社員・パート・バイト・業務委託
運営会社株式会社メドレー

・特徴

ジョブメドレー(作業療法士)は、求人案件数日本最大級の医療介護求人・転職サイトです。

作業療法士はもちろん、看護師からの評判も高い転職サイトです。

ジョブメドレーの特徴は、自分で検索をする「サーチ型」なので、自分のペースで職探しをすることができます

そのため、エージェントからのしつこい電話や催促はありません。

また、会員登録をしてプロフィールを記載しておけば事業所側からスカウトメールを受け取ることもできます

LINEで連絡が取れるので、気軽に相談できるのも嬉しいポイントです。

★ サーチ型なので自分のペースで求人探しができる!

★ 登録をしておけばスカウトメールがくることも!

LINEで連絡を取ることも可能!

 

アンケートに寄せられた口コミ

年齢/性別/職種満足度内容
20代/男性/PT高い登録をした1ヶ月後くらいにスカウトをもらいました!
20代/女性/OT普通しつこい電話がないのは気が楽だったです。
30代/女性/OT普通自分のペースで仕事を探せた。
40代/男性/ST高い訪問看護からのスカウトが多く、需要が高いのだなと思った。
40代/女性/PT高い40代で初めての転職だったのですがスカウトが届いてびっくりしました。

 

【第3位】
リハのお仕事

・募集要項

求人職種理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
雇用形態常勤・非常勤
運営会社レバレジーズ株式会社

・公式サイトリンク

リハのお仕事

・特徴

リハのお仕事は、1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)に転職を考えている人なら登録必須の転職サイトと言えます。

一番の特徴は、業界最大級の『非公開求人』を保有しているという点です。

一人では知ることが難しい、求人票に書かれていない情報が充実しています。
(*非公開求人の多くが好条件で人気なので、ご登録者限定でのご紹介になっています。)

面接の予定調整、待遇面の交渉など、 様々な面で求職者様をサポート!

就職後も、専任スタッフがお悩み相談などのアフターフォローを行ってくれるのも嬉しいポイントです♩

キャリアコンサルタントの素早さ、丁寧さが評判高く、無理に転職先を勧めることはありません

1都3県への転職に強い!

★業界最大級の『非公開求人』を保有!

★就職後のアフターフォローもお任せできる!

★コンサルタントの素早さ・丁寧さの評判が高い!

アンケートに寄せられた口コミ

年齢/性別/職種満足度内容
20代/女性/PT高い20代でもかなり高給料の求人があるのに驚いた。
20代/男性/OT高いコンサルタントに希望の条件を伝えたところ、その日の内にリストアップしてくれた!
30代/女性/OT低い求人は都会に集中しているので、地方を選択に入れるなら他のサイトと併用が必要。
30代/女性/PT低い非公開求人を提供してくれる基準がわからなかった。コンサルタント次第?
40代/男性/OT高いまさに業界最大の非公開求人数。とりあえず登録して求人を教えてもらえば良い。

 

【第4位】
メドフィット

・募集要項

求人職種理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
雇用形態常勤・非常勤
運営会社株式会社GentenLinks

・公式サイトリンク

メドフィット(MEDFit)

・特徴

メドフィット(MEDFit)は、ここ最近急成長している転職サイトです。

元々、医療・介護業界における認知度の高い転職サイトでしたが、リハビリ業界においては決して有名ではありませんでした。

しかし、「コンサルタントのスピーディーさ」「しつこい電話がこない」「現場の生の声を教えてくれる」と口コミが広がり、リハビリ業界でもどんどんと利用者を増やしています。

そのため、大手にはない「お宝求人」が眠っているのも特徴といえるでしょう!

即日対応をしているのも嬉しいポイントです♪

急成長の転職サイト!

現場の生の声を教えてくれる!

★大手にはないお宝求人が多数!?

即日対応も可能!

アンケートに寄せられた口コミ

年齢/性別/職種満足度内容
20代/女性/OT普通求人数自体は少ないが、好条件の求人を厳選しているイメージ。
20代/男性/PT高い初めての転職活動だったが、サポートが手厚くて満足です。
30代/男性/PT普通地元(地方在住)の求人も比較的あったので、転職の幅が広がりました。
30代/女性/PT高い他のサイトにはない求人がかなりあった。
40代/男性/OT普通私のコンサルタントは少ししつこい感じがあったものの、対応自体は丁寧。

 

【第5位】
PTOTキャリアナビ

・募集要項

求人職種理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
雇用形態常勤・非常勤
運営会社株式会社ヒトイキ

・公式サイトリンク

PTOTキャリアナビ

・特徴

PTOTキャリアナビは、在籍コンサルタントの半数以上が介護・医療分野で10年以上の経験を持ったベテランです。

そのため、私たちが求めている事をすぐに汲み取ってくれます。

コンサルタントが給料・待遇の交渉をしてくれるので、自分で交渉するよりも大幅な給与アップを目指せます

電話・LINE・メールなど、都合に合わせたやりとりが可能で、働きながらの転職活動する人にとっても嬉しいポイント!

希望者には履歴書や職務経歴書のサポートもしてくれます。

★在籍コンサルタントの半数以上が医療分野で10年以上の経験を持ったベテラン!

★一人だと難しい給与・待遇の交渉も安心して任せられる!

電話・LINE・メールなど都合に合わせたやり取りが可能!

★履歴書や職務経歴書の作成サポートあり!

アンケートに寄せられた口コミ

年齢/性別/職種満足度内容
20代/男性/PT高いかなりコンサルタントのアドバイスが的確だと思った。
20代/男性/PT高い提示よりも約1万円高い月給に給与交渉をしてくれた。大満足。
30代/男性/OT高いあまり聞いたことがない転職サイトだったが、利用して大正解だった。
30代/女性/OT普通都内と地方で悩んでいたが、地方の求人は少ないように感じた。
40代/女性/PT普通働きながらの転職活動だったが、面接日程の調整をすべて行ってくれた。

 

【第6位】
PT/OT人材バンク

・募集要項

求人職種理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・学生
雇用形態常勤・非常勤
運営会社株式会社エス・エム・エスキャリア

・公式サイトリンク

PT/OT人材バンク

・特徴

PT/OT人材バンクは、リハビリにおける転職サイトの最大手です。

リハビリスタッフであれば一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか?

正直、どこの転職サイトに登録しようか悩んでいる人は、とりあえずPT/OT人材バンクに登録しておけば間違いありません!

最大手ならではの豊富な求人が魅力!
年収500万円クラスの求人、年間休日126日の求人、主任クラス以上の希少求人など、PT/OT人材バンクにだけ寄せられる非公開求人も多数揃えられているのが特徴です。

もちろん、コンサルタントが面接の日程調整、面接前後のフォロー、給与条件の交渉を行ってくれます。

若干、ここ最近は求人数が少なくなってきている印象はありますが、きっとココでしか会えない求人に巡り会えることでしょう♩

★リハビリ系転職サイト最大手

★悩んでいる人はとりあえず登録をしておく価値あり!

★PT/OT人材バンクにだけ寄せられる非公開求人多数!

給料条件の交渉も安心しておまかせできる!

アンケートに寄せられた口コミ

年齢/性別/職種満足度内容
20代/女性/OT普通求人数は豊富にあるのでたくさん選べる。
30代/女性/PT普通有名でみんな使っていたから。
40代/男性/PT普通コンサルタントからの電話がしつこかったです。

 

どの転職サイトが良いかまだ迷ってる…。

 

どこが良いか…。と迷っている人は、とりあえず人気No.1の「PTOTSTワーカー」に登録しておけば間違いないと思います。

しつこい電話がない、コンサルタントの対応が丁寧なので安心して任せることができます。

加えて、ジョブメドレー(作業療法士)に登録して「とりあえずスカウトがくるか待ってみる」のも得策といえるでしょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トコル

関東在住の理学療法士。27歳で訪問看護ステーションに転職。現在は人事業務を兼任し、月に3〜5名の看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・事務・ケアマネの面接を行なっています。面接をした人数は200名以上。関わった転職サイトは30社以上。

-作業療法士向け